<スポンサードリンク>

格差は広がる・・・

やはり、すごい事が解りましたね!

米国の所得格差がさらに拡大傾向にあるってことらしい。
2005年の納税データを基にした調査を米紙ニューヨーク・タイムズが発表、上位10%の富裕層が所得全体に占める割合は48・5%とほぼ半数に達し、1928年の49・3%に次ぐ高率だと。

05年の米国人の総所得(年収ベース)は04年より9%上昇。上位1%の最富裕層に限ると14%も上昇した一方、下位から90%のほとんどの米国民の平均所得は0・6%下がっており、一部の富裕層だけがますます豊かになり、上位層30万人の集団の1人あたりの平均所得はそのほかの1億5000万人の集団1人あたり平均所得の440倍にも達しており、この格差は1980年代に比べて2倍になったという。

今日本で、格差社会の広がりが問題になってきているが、安倍総理はその事実を認めていない。

と言う事は、貧乏人(老人、障害者、母子家庭等も含まれる)に対する政策はなくなり経済優先の金持ち優遇だけが残る。

日本は昔からアメリカの10年後を歩くと言われていて、現在もその通りとなってきている。

つまり、今から10年後いやデーターは05年だから8年後の日本は440倍の所得格差のある国になっている事であろう。

小泉改革の悪しき部分だけがどんどん大きくなってきている。

さらに、安倍内閣で古き悪しき部分だけが復活し最悪のシナリオになってきている事にあなたは気づかなければならない。

今回の地方選挙も次回の参院選挙もシッカリとした選択をしないと、自分自身の首を絞める事になる。

貧しき者はより貧しく・・・!

今日も最後まで付き合ってくれてありがとうございます!
感謝!











この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37362935

この記事へのトラックバック

選挙戦最終日!
Excerpt: 本日(04-07)、選挙戦最終日。 浅野史郎さんは午前8時に「JR青梅駅」での演説を皮切りに、羽村、福生、八王子、立川、国立、国分寺、吉祥寺、中野と進み、最後に午後6時から新宿駅東口で選挙戦..
Weblog: 庶民も立ち上がるぞ!勝手連
Tracked: 2007-04-07 11:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。