<スポンサードリンク>

温家宝首相・創価学会池田大作名誉会長と会談会談!

 温家宝首相が公明党の支持母体である創価学会のトップ、池田大作名誉会長と会談したことが波紋を呼んでいる。

東京での短い滞在期間中、分刻みのスケジュールをぬって約30分間の会談時間を割いた。衆参議長や各党代表以上の扱いだ。日本最大級の宗教団体の代表であるにしろ、中国が「日中関係に大きな役割を果たした」と位置づけていることにほかならない。

へ〜!と思っていたら。

天安門事件で中国が世界的に孤立している最中に「鶴の一声」(関係者)で中国に医療機器を寄贈したこともあるという。

やっぱ、金かよ!って気もするけれど・・・。

しかしさすがだね、中国にはすでに創価大学出身の大使もいたりして自民党よりよほど外交が上手いですな。

しかし、金の力は強い!
それだけは解ります!

今日も最後まで付き合ってくれてありがとうございます!
感謝!





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。