<スポンサードリンク>

暗殺の町長崎

17日午後7時50分ごろ、長崎市大黒町のJR長崎駅前で、長崎市の伊藤一長(いっちょう)市長(61)が、背後から近づいてきた男に拳銃(けんじゅう)で撃たれた。

その後18日午前2時28分、出血多量のため搬送先の病院で死亡した。

犯人は長崎市の6代目山口組系水心会会長代行、城尾哲弥容疑者(59)。

平成15年に長崎市発注の工事現場で、道路の陥没部分に乗用車の車体の一部がはまる事故を起こし、市に苦情を言うなどしていたという。

また、今回の事件に付いては長崎市と公共工事をめぐるトラブルが原因であると供述している。

城尾哲弥容疑者の暗殺行為であるが本当の理由は何なのかわからないが究極の暴力である暗殺だけは許されない行為であり、彼の所属する団体は徹底的に壊滅させる必要がある。

次に今回の暗殺には別の問題が出てきた。

それは、テレビ朝日のニュースステーションが事前に城尾哲弥容疑者から事件当日の午前中に文書を受け取っていた事である。

報道って時間が命、どんな情報が入っているかもしれない外部からの文書を報道に携わる人間が午前中に受け取った文書を夕方に開封。半日もほったらかしにしているなんて考えられない。

さらに、開封した後も放置していた。
ますますもって信じられないことが起きている!

まさか、ニュースステーションて芸能部門が作ってるの?

もし、このとき警察に連絡しておれば(ここで問題になるのが昨今の警察の対応の遅さだが)事なきに至ったかもしれない。

お亡くなりになった伊藤一長長崎市長のご冥福をお祈りする!

テロ、暗殺だけは絶対に許すマジ!

今日も最後まで付き合ってくれてありがとうございます!
感謝!









この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。