<スポンサードリンク>

鬼平ならその場で切り殺している

 暴力団組員を装って1年2カ月の間に当時12〜24歳の女性18人に乱暴したなどとして、強盗強姦(ごうかん)やわいせつ目的略取などの罪に問われた無職、金寿明被告(25)に対する判決公判が24日、大阪地裁で開かれた。中川博之裁判長は「同種事犯のなかでも悪質さは突出しており、被告には本来備えているべき人間性が欠落している。有期刑では償いきれない」と、求刑通り無期懲役を言い渡した。

金被告は「おれはヤクザや。組長のベンツに傷つけたのはお前やろ」などと通行中の女性に因縁をつける手口で、平成16年5月〜17年7月、大阪市内などで当時12〜24歳の女性18人に乱暴するなどし、現金計約24万円を奪った。

何故これで死刑にならない?

肉体を殺した時だけが殺人か?

この18人の女性は心を殺された!

人は肉体だけなら獣と一緒、心があるから人間!

その心を殺せば、それは殺人!

それに、そんな奴を裁く必要は無い!
可愛そうに被害にあった女性たちは裁判でまたも心を殺された!

こんな奴はその場で即刻殺してしまわないと、被害にあった彼女たちが救われない。

彼女達は生涯心に病を抱えて生きていかなければならない。
さらに、この男が仮にも出所などしたら、彼女たちの心はまた闇の中に落ち込む・・・つまり生ける屍となる可能性が高い!

早く法改正して、このような輩を死刑に出来るように望む!

こいつや、先日記事になっていた電車の中の強姦魔などは人間の皮を被ったタダの獣、鬼畜生であるから人権云々を議論する必要は無い!

今日も最後まで付き合ってくれてありがとうございます!
感謝!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39919323

この記事へのトラックバック

残された家族の気持ちは?
Excerpt: 「直接証拠ない」とルーシーさん事件無罪女性10人に対する連続暴行事件で、準強姦(ごうかん)致死罪などに問われた会社役員織原城二被告(54)の判決で、東京地裁は24日、英国人ルーシー・ブラックマンさん(..
Weblog: Famiglia Nera[ 妖婦の日常劇 ]
Tracked: 2007-04-25 11:11

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。