<スポンサードリンク>

憲法改正!


 自民党の中川昭一政調会長は1日のNHK番組で、憲法改正手続きを定める国民投票法案の与党修正案について「ここまで来たら(野党は)政争の具にしているので、やります」と述べ、与党単独でも12日の衆院憲法調査特別委員会で採決し、13日の衆院通過を目指す考えを強調した。

この問題って政争の具って問題じゃないでしょう。

単独採決できるからするって言うのは卑怯だよ。

自民、公明が多数与党になっているのは郵政民営化に賛成した結果であって後のことは全く付託されていなっての。

多数を笠にきたやり方は絶対のちのち禍根を残す結果となるだろう。

ま〜、そうなってもこいつら無責任な輩は知らん顔するんだろうけどね。

以前にも書いたけれど、嘘つきや、無責任で権力亡者、銭亡者の輩に憲法云々されるのは嫌だな!

今日も最後まで付き合ってくれてありがとうございます!
感謝!

格差は広がる・・・

やはり、すごい事が解りましたね!

米国の所得格差がさらに拡大傾向にあるってことらしい。
2005年の納税データを基にした調査を米紙ニューヨーク・タイムズが発表、上位10%の富裕層が所得全体に占める割合は48・5%とほぼ半数に達し、1928年の49・3%に次ぐ高率だと。

05年の米国人の総所得(年収ベース)は04年より9%上昇。上位1%の最富裕層に限ると14%も上昇した一方、下位から90%のほとんどの米国民の平均所得は0・6%下がっており、一部の富裕層だけがますます豊かになり、上位層30万人の集団の1人あたりの平均所得はそのほかの1億5000万人の集団1人あたり平均所得の440倍にも達しており、この格差は1980年代に比べて2倍になったという。

今日本で、格差社会の広がりが問題になってきているが、安倍総理はその事実を認めていない。

と言う事は、貧乏人(老人、障害者、母子家庭等も含まれる)に対する政策はなくなり経済優先の金持ち優遇だけが残る。

日本は昔からアメリカの10年後を歩くと言われていて、現在もその通りとなってきている。

つまり、今から10年後いやデーターは05年だから8年後の日本は440倍の所得格差のある国になっている事であろう。

小泉改革の悪しき部分だけがどんどん大きくなってきている。

さらに、安倍内閣で古き悪しき部分だけが復活し最悪のシナリオになってきている事にあなたは気づかなければならない。

今回の地方選挙も次回の参院選挙もシッカリとした選択をしないと、自分自身の首を絞める事になる。

貧しき者はより貧しく・・・!

今日も最後まで付き合ってくれてありがとうございます!
感謝!











教育再生会議って

政府の教育再生会議(野依良治座長)は29日、首相官邸で総会を開き、5月に予定する第2次提言に向けた検討課題の論点整理を行った。その結果、国公私立を問わず全体の5割の大学で9月入学制を導入することや「徳育の推進」を進めていくことを了承した。

まだあったんだ教育再生会議・・・!

でも、まだまだ文部科学省の役人どもが多くの難癖をつけてくるのは見えてるし機能するのかな?

で、中身だけれど。
1)9月入学の推進を積極的に検討することにしたのは、社会の  国際化に適応し、広く人材を集めて大学や大学院教育の質を  向上させるため。

国際かも良いけれど、3月卒業して入学試験は何時ごろするのでしょうかね?
それに9月入学の所って世界的には多いのか知らん?

2)小学生の林間・臨海学校体験や、全中学生の職業体験、高校  での奉仕活動の必修化などを全国で実施する方策を検討す   る。

最近の親に変なのが多いから・・・その辺の周辺整備もしないと現場は実際問題難しいのでは?
形ばかり決めて、後は現場任せではチト煮が重すぎでは?今の先生では!

3)子供に人を思いやる心などを養うため、現在の道徳の授業を  「徳育」として正式な教科にすべきだとの意見で一致した。

弱者切捨て、老人切捨て、福祉なんてやってられない。
そんな政府が思いやりって・・・どの口が言ってるのか不思議でならない!

道徳なんて言っても、現実の大人が実行してないじゃない!
嘘はつく、人は騙す、金には汚い、自分の保身の為なら何でもあり、これでどうやって道徳教えるの?

子供はきちんと見てます。

子供は大人の鑑です。

大人が良くなれば子供も良くなります。

そこから始めなければ!

自然を残そう、エネルギーを残そう、それも大切ですが一番大切な人間の心を残しませんか?


今日も最後まで付き合ってくれてありがとうございます!
感謝!

タミフルは・・・!

最近よく騒がれているタミフル。

製造元のスイス製薬大手ロシュは20日、タミフルの服用と異常行動には因果関係がないとする声明を発表した。そうですが・・・。

実はその根拠は・・・同社が1999年から2006年までにタミフルを服用した約10万人のインフルエンザ患者と、服用しなかった約22万5000人の患者の比較した米国の健康保険記録を調べた、結果タミフルを服用していた患者の方が異常行動の発生の比率が低かったことが分かったとしている。

つまりこのデーターはアメリカにおけるものであり、日本人を含む黄色人種のものではないと言う事である。

薬の効能には大人と子供、老人で違うように人種でも違いがある。
よって、輸入薬は国内で再度治験が行われているはずなのだが?

再度、シッカリと検証しなおす必要があるのではないだろうか?

厚生省は効能と副作用のバランスを公表し適切な服用を指導する必要がある。

過去にあった薬害のように逃げず、国民の大切な命を守る砦である事を忘れず今回の問題に取り組んでほしい。


今日も最後まで付き合ってくれてありがとうございます!
感謝!


憲法改正は・・・

憲法改正に熱心な安倍総理や改憲論者のみなさまへ

私も憲法は絶対に変えてはいけないとは思っていませんし、ある程度変革は必要かなとも思います。

ただ、現在の政治状況での変革は望みません。

なぜなら、犬死だけはしたくないからです。

今の政治家を見ていて、改憲論者の皆様よOKですか?

私はいやざんす!

政治家の偉い先生達

1)平気で嘘はつく
  国会で質問されてもまともに答えない(事務所費問題等)

2)自分の保身しか頭にない
  郵政民営化に反対して離党しておいて選挙のためなら引きで  里帰り。また、党の人員確保の為にそれを認める輩。

3)銭儲けが一番
  献金大好き、パーティー大好き、銭の為ならなんでもする。

4)利権から離れない
  国民生活がどうなろうと自分の利権の方が大切。
  これも銭の為か!

5)国民を自分達の下僕化している
  国民が汗水流して稼いだお金は税金として取り上げ、自分達  のお財布としか思っていない。

等々

さらに役人
こいつらも自分達の利権獲得や、既得権益を守るのが一番!
国民なんかはくそ虫ぐらいにしか思っていない。

こんな現状で憲法変えられたら・・・・怖くなる。

多分、今改憲と騒いでいる人達もびっくりするような憲法が出来上がるんじゃないかな?

今権力にしがみついてる奴らにとってだけ都合の良い憲法に。

そんな気がして怖い!

今の政治家が行っている政治や、役人の行政見てて素晴らしい政治や行政してると思う?

税金は、無駄使いして超財政赤字で破綻寸前!

国民は貧しくなる一方!

老人福祉は切り捨て!

少子化対策といいながら無策なまま!

これがいいの?

こんな、めちゃくちゃな政治しか出来ない連中に憲法なんて変えさせたら・・・空恐ろしい。

私はそう思いますが・・・いかが?


























広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。